本文へジャンプ

トップページ の中の マイミシンブログ の中の 修理スタッフのブログ

修理スタッフのブログ

Check
2018年10月01日
ご自身で対処できる不具合解消方法・・送り歯が針板より上に上がらず縫えない、進まない、布を送らない シンガーミシンSC100 SC107、200、217、227、300、307、317、327 ブラザーミシンPS202、203、205、LM700、LS700、CPS42、50、70、72 [これまでの修理実績]

写真:ご自身で対処できる不具合解消方法・・送り歯が針板より上に上がらず縫えない、進まない、布を送らない シンガーミシンSC100 SC107、200、217、227、300、307、317、327 ブラザーミシンPS202、203、205、LM700、LS700、CPS42、50、70、72

こんにちは! マイミシン 1級縫製機械整備士の早乙女です
今回は、送り歯が針板より上に上がらず縫えない、進まない、布を送らないとの相談がありますが操作ミスや簡単な修正で直る場合もありますので記事してみました。


IMG_5553-4.jpg

針板部の前面または背面に送り歯を下げ切り替えスライドレバーがあります。
レバーの位置はこの絵側になっているか確認しハズミ車(プーリー)を反時計方向へ1回転してください。


IMG_5548-4.jpg

送り歯上げ下げ切り替えレバーは上げる方向になっているのに針板より送り歯が上に出ない場合の対処法
送り歯の裏側に円柱(柱状)があり、ミシン本体の底側にお皿の中に円柱が入っている状態が正常です。
何らかの原因で柱がお皿から外れていると送り歯は上がらない状態になります。                                  


IMG_5541-3.jpg
解りやすく説明するために送り歯機構部で説明します。
正常な円柱の位置・・・お皿の中にこのように円柱が入っています。


IMG_5532-4.jpg

不正常な円柱の位置・・・円柱がお皿から脱落(外側)している状況。画像は左方向に円柱が向いています。


IMG_5557-4.jpg

押さえ上下レバーを上位置で針板を外します。
次に指で送り歯の土台部を上方向に持ち上げて円柱の方向を確認します。


IMG_5562-4.jpg

次に送り歯の裏側に円柱(柱状)が斜めに倒れていた場合にはマイナスドライバーなどで垂直になるよう修正しお皿の中にいれます。


IMG_5566.jpg

最後に針板を取り付け後、ハズミ車(プーリー)を反時計方向へ1回転し、送り歯が針板より上に上がれば完了です。
今回の工程を行い回復されない場合は販売店にて相談ください。

ご使用されているミシンが調子悪く、お困りになった時は、迷わず当社修理窓口にお気軽にご相談ください!

■マイミシン修理の問い合わせ先
TEL : 0120-28-5828 (フリーダイヤル)
FAX : 03-3329-5567
メール問い合わせはこちら

トラックバック(0)

トラックバックURI:

コメント(0)

このページへのご意見、ご感想、ご要望などコメントをお寄せください。
※お送りいただいたコメントは当サイトの管理者が承認した後公開されます。

お名前
メールアドレス(公開されません)
コメント
Insert Emoddy tag



このページの上部へ