本文へジャンプ

トップページ の中の よくあるご質問 の中の ミシンの選び方

ミシンの選び方

Check

仕上がりの違いって何で決まるの?仕上がりのきれいなミシンは?

まず、布地に適した縫い目の長さ、針、糸の太さ、糸の種類(綿、ポリエステル)によって、仕上がりは変わってきます。

つまり、素材選びです。

次に、ミシンの経験です。

ミシンも機械ですので、使いこなせるかどうかも、仕上がりを大きく左右します。

しかし、ミシンの経験はほとんどない方が、少しでもきれいに仕上げたいと考えるなら、縫い目の長さ調節、押え圧調節、送り歯の数、ボタンホールの仕上がりなどの視点から、コンピュータミシンで選ばれることをおすすめします。


■シンガー 「モナミヌウプラスSC200SC217
SC200、SC217は糸調子ダイヤルのないミシンなのですが、それは本来の「自動糸調子機能」を完備したミシンだからです。
自動糸調子が付いているミシンは多くなりましたが、全てが同じ構造ではなく、自動と言ってもその精度はさまざまです。
そのため、自動糸調子機能がついていても、糸調子ダイヤルがついていて、微調整できるようになっているのですが、このSC200、SC217はその精度の高さから、糸調子ダイヤルが付いていないのです。
つまり、初心者であっても、ミシンが糸調子を高精度で調節してくれるので、仕上がりはきれいになります。


■ジャノメ 「JP710N
多機能はいらないけれど、仕上がりに関わる基本機能は網羅しており、実用縫いは綺麗に仕上げたいと言う方におすすめです。
操作方法も簡単で、液晶画面があるので、縫い目の長さもミリ単位で調整できます。
押え圧調節も4段階、送り歯も7枚あるので、厚地、薄地も適切に対応できます。
初心者からご年配の方まで、コンピュータミシンでも使いやすい操作性も考慮して、JP710Nをおすすめします。

よくあるご質問一覧に戻る

ミシンの選び方 質問一覧

皆様からのご質問を募集しております。
いただきましたご質問に関しましては、当ページにて弊社お客様担当者がご回答します。

何でもお気軽にご質問ください。

  • ※ミシンについてのご質問は、具体的な「機種名」をご記入の上、ご質問ください。。
  • ※ご回答の掲載には数日かかる場合がございます。
  • ※ご質問の内容によってはすべてのお客様に対するご回答を掲載できないケースがございます。
    その場合には、メールにてお客様に個別にご回答を差し上げる場合がございますので
    あらかじめご了承ください。
お名前
メールアドレス(公開されません)
ご質問内容

このページの上部へ