本文へジャンプ

トップページ の中の ミシンのレシピ の中の Tシャツ・クルーネックシャツ・丸衿リブシャツ

ミシンのレシピ 詳細

Check

Tシャツ・クルーネックシャツ・丸衿リブシャツ

Tシャツ・クルーネックシャツ・丸衿リブシャツ

  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル

投稿:えいえいさん

夏といえば、Tシャツ
好きな色やデザインのTシャツを自分で作れたら、夏がもっと楽しくなりますよね

そこで、初心者でも作れるTシャツのレシピを公開します

使用ミシン機種
ベビーロック 衣縫人BL-5700EXS
材料その他

・ロックミシン(2本針4本糸)
・スピンテープ(伸び止めテープ)白か黒
・まち針
・SSGテープ

このレシピの手作りキットを見る

画像:解説1

解説1

■肩接ぎ(0.7カット、横差動)

バルキー押さえにスピンテープを通してセットします。

前身ごろに上において、端より3cm内に平行にピン打ちする。

テープを無駄にしないように、前身頃を上に見て続けて縫い、ハサミでカットします。このとき、肩の縫い代はアイロンで後ろに倒しておくと良いです。

画像:解説2

解説2

■衿づくり
衿を半分に折って、折り目側1cmほど、ななめにハサミでカットします。

広げてメスロック縦差動で襟を輪にします。

縫い代はねじって交差させて合わせ、飛び出した縫い代部分はハサミでカットします。

次に襟付き部分を4等分にピン打ちします。

画像:解説3

解説3

■衿付け
身頃の肩ライン(左右どちらでも)、後ろ方向に1.5~2cmに第1ピンを打ち、そのピンを基準に衿まわりを4等分しピン打ちします。

身頃の肩ラインの後ろ側1.5~2cmの第1ピンと、衿の縫いラインを合わせて、他4等分の位置に合わせてピンを打ちます。

後中央あたりからスタートするため、0.7×3cmハサミでカットして、スタートします。

衿幅を広くしたい時や縞の時は、カット無しでよいと思います。

横差動でリブ衿を上に見て、ぐるっと筒縫いします。

画像:解説4

解説4

■袖付け(0.7カット)
袖付け前に自分の好みの肩幅を決め、多かったらハサミでカットしましょう。

袖側より、袖山に平行に第1ピン、袖下両サイド平行に第2、第3ピン、袖下より山に向かって2/3に第4、第5ピンを打ちます。

袖山1/3部分に袖山のいせを集めます。

いせは下から入るため、身頃を上に見て縫うので、ピンは身頃側に打ち直します。

そして身頃を上に見て、2/3部分は横差動、山までの1/3部分は差動1.8にて、0.7カットで行います。

袖山部分は、差動1.8です。

画像:解説5

解説5

■脇縫い(0.7カット、縦差動)
袖口より、0.7カットでスタートします。

脇下は縫い代をどちらでも向きはよいので、交差させます。

画像:解説6

解説6

■裾、袖口の上げ
好みの着丈、袖丈が決まったら、裾、袖口に端ロックをかけます。(横差動)

SSGテープを貼って、2.5cmにてアイロンで折ります。

すそあげくん(BL101)があると楽です。ない場合は、裾引き押えであげてください。

コツ・ポイント

解説3の衿付けの際に、肩ライン前後3cmくらいのところのリブ衿のみを引っ張ってつけると、肩のところのリブが飛び出ないできれいにつきます。

襟がついたら、広げて平らになるよう、アイロンをしっかりかけておきましょう。

皆様からのコメント

コメントはありません

この商品についてのコメントを募集しております。
以下をご入力の上、お気軽に投稿してください!
※お送りいただいたコメントは当サイトの管理者が承認した後公開されます。

お名前
メールアドレス(公開されません)
コメント
Insert Emoddy tag

ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録 googleブックマークに登録 はてなブックマークに登録 livedoorブックマークに登録

このページの上部へ