本文へジャンプ

トップページ の中の ミシンのレシピ の中の 不要になったシャツ3枚を利用したリメイクの手提げ

ミシンのレシピ 詳細

Check

不要になったシャツ3枚を利用したリメイクの手提げ

不要になったシャツ3枚を利用したリメイクの手提げ

  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル
  • 写真:サムネイル

投稿:匿名希望さん

主人の不要になったシャツ3枚を利用した、リメイクの手提げです。
紺地の布に刺繍を施すことにより、只のリメイクバッグがちょっとグレードアップします。
裏地をつけることにより、縫い端が完全に隠れ、きれいに仕上がるとともに、薄いシャツ素材でも、それなりに丈夫な手提げになりました。

使用ミシン機種
シンガー 電子ミシン 「モニカピクシー5710R」
材料その他

1.不要なシャツ3枚
2.刺繍糸
3.ミシン糸

このレシピの手作りキットを見る

解説1

1.表地の白紺2枚の布を縫い合わせます。

解説2

2.白地と紺地の部分のバランスを見て、刺繍を刺す位置を決め、刺繍の図案をチャコペーパーを用いて写します。写した後、刺繍します。

解説3

3.中表にして、手提げの脇の部分を縫います。(底は輪)

解説4

4.表地と同じ大きさの裏地を用意し、中表にして脇を縫います。(底は輪)
その時、7cm程度の返し口を残しておきます。

解説5

5.袋状になった表地を裏地を中表に合わせ、袋の口の部分をぐるりと縫います。

解説6

6.返し口より表に返して、アイロンで形を整えます。

解説7

7.紺地で適当な長さの持ち手の部分を作ります。

解説8

8.刺繍糸で、本体部分に取り付けます。

コツ・ポイント

1.服地のリメイク感の野暮ったさを薄めるため、刺繍を入れました。
2.刺繍は、縫い方が拙くとも、案外味になると思います。
3.持ち手の縫いつける位置を袋の両端に近い部分にすること、また、ミシンで縫いつけるのではなく、刺繍糸で縫いつけ、その部分がアクセントになるようにすることによって、個性を出しました。

皆様からのコメント

コメントはありません

この商品についてのコメントを募集しております。
以下をご入力の上、お気軽に投稿してください!
※お送りいただいたコメントは当サイトの管理者が承認した後公開されます。

お名前
メールアドレス(公開されません)
コメント
Insert Emoddy tag

ブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録 googleブックマークに登録 はてなブックマークに登録 livedoorブックマークに登録

このページの上部へ